音楽のタイトル

リンベルから新しく出たというAB版のカタログギフトには、
いろいろな音楽の名前がつけられています。

例えば、ポルカです。
ポルカはチェコの民族舞曲の名前です。
早い二拍子のリズムで進んでいく音楽の名前が使われているのは、
カタログギフトの価格帯が1500円ということに関係が?
リーズナブルさということもあり、回転が速いのかもしれません。
あくまで勝手なイメージです(^o^)

次に気になるのが、デュオ、フォルテ。
どちらも音楽の言葉としては、よく使われる言葉なので、
なんとなくイメージはわきますよね♪

それから価格帯3000円のカタログギフトに使われているのが、
ギャロップという名前です。
ギャロップというのは馬が全速力で走るようなイメージのテンポを
あらわす音楽の言葉みたいです。
あの運動会でよく流れる・・・あのテンポですね!
ということは、カタログギフトで一番の売れ線?ということかもしれません。

次にジャズ、カルテットと続いて・・・。

価格帯5000円コースがビオラです。
ビオラはバイオリンと同じような弦楽器で、バイオリンよりも
低い音が特徴なんだそうです。
いわゆる音楽の中音部分を担当する楽器なんですって。

そう考えると、うまいこと名前を考えてるなあという感じ、しますね。

ちなみに一番高い8000円コースと1万円コースは、
シンフォニーとノクターンだそうです。

名前を聞くだけで、荘厳というか、高そう・・・という感じがします。

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>